動画編集

【スマホ・iPadの無料アプリで】YouTube切り抜き動画の作り方【全工程まとめ】

切り抜き動画と言えばひろゆきさんの切り抜きが有名ですが、それ以外でも今や切り抜き動画は主要なコンテンツの一つになっています。

私も切り抜き動画を作ってみたい!という想いから、完全に趣味の切り抜き動画チャンネルを作成して、ここまでにShorts含め30本くらい投稿してきました。

切り抜き動画はスマホまたはiPadのみで「VLLO(ブロ)」というアプリの無料版を使って編集をしています。

仕事で使うならAdobe Premiere Proが使えた方がいいですが、趣味で動画を作るということではアプリの方がどこでも編集できて手軽だし便利です。

有料も高くはない

VLLOでは課金すると使える素材が増えますが、無料でもそこそこの動画は作ることができます

ということで、ここでは私が作っているやり方で、スマホやiPadで作る切り抜き動画の作り方をまとめてみたいと思います!

切り抜く前に動画が切り抜きOKかどうか確認をしてから編集をするようにしましょう。人により自由にOKという場合もあれば承認制という場合もあれば、完全にNGという方もいます(両学長は完全NG)。

特に後々収益化をしたいと考えている場合は、対象の配信者がどんなポリシーか確認しておくことをおすすめします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫好きへ 

切り抜き動画を作る元動画を決める

ここは既に決まっている方は飛ばしていただいてOKです。

これから切り抜きチャンネルを作りたいなと思う方向けに、切り抜きをするのに向いている動画または需要があるのはこんな動画かなと思っているのはこの3点。

  1. 長時間のライブ配信から面白かったorよかったポイントをまとめたもの
  2. ある出来事に関する配信を複数視点の動画から一つにまとめたもの
  3. 特定の配信者のあるテーマに関して一つにまとめたもの

①は配信者も長時間の中から面白かったポイントを切り抜いてもらえることで、いろんな人に興味を持ってもらうことができてwin-winだと思います。

②については、例えばあるゲーム大会にまつわるエピソードを様々な配信者の視点の動画を集めて一つにまとめる等の動画で、非常に需要が高いと思います。

③はひろゆきさんの切り抜き動画がこのようなまとめ動画が多いのかなと感じます。

また毎日配信をしているような配信者の切り抜きであれば、日々の動画の見所を順次切り抜いていくだけでも需要があるかと思います。

配信者の配信を見ながら切り抜く場所を決めていくのが一番スムーズかなと思うので、もし推している人がいればその人の切り抜きを作るのがおすすめです。

趣味

私は推しの配信の好きだった場所をまとめておきたいという思いから始めたタイプです

元動画から切り抜き動画の編集用の素材を作る

切り抜きたい動画を決めたら元となる素材を準備していきます。

元動画から素材化する方法はいくつかあるようですが、私はお手軽な「画面収録」機能を使っています。

画面収録はiPhoneまたはiPadの機能で呼び出せるもので、右下のアイコンが画面収録です。

切り抜きたい場面に合わせて動画を流し、素材として使いたい部分で画面収録をポチッと押すと3秒ほどで収録が始まります。

収録したい部分が終わったら、再び画面収録アイコンを押すと収録が終了します。

ちなみに元素材が粗い動画になるといけないので、収録前に高画質になっているかどうかチェックするのがおすすめです。

また動画編集では素材でとても容量を使うので、できる限り動画編集に使うところだけ残したほうが後々困らないと思います。

運用フローは大事

編集が終わったら全部消すと割り切れる場合はそんなに気にしなくても大丈夫です

編集するアプリに動画素材を取り込む

冒頭にも書きましたが、切り抜き動画は「VLLO(ブロ)」というアプリで作っています。

もちろんAdobe Premiere ProやFinal Cutなどのソフトの方ができることは抜群に多いですが、切り抜き動画では数多くのテロップを付けたりするので、隙間に作業するにはアプリが便利。

VLLOは編集しやすいので気に入って使っています。

無料版だと素材が限定されていたりもしますが、導入編としてまず取り組むにはおすすめのアプリです。

私はiPhoneとiPadと両方にVLLOを入れていて、使い分けて編集しています。

私は無料版ですが、有料版にすることで編集中のプロジェクトをデバイス間で移動させることができたりもします。

動画を編集する(素材カット・BGM・演出・テロップなど)

VLLOを起動したら「新しいプロジェクト」を選択して、動画を取り込んでいきます。

上のタブを「動画」にすると動画のみが並ぶので選びやすいです。

編集に使いたい動画をタップして選択すると画面下にそれらが並びます。

取り込みたい動画が選択し終えたら、右側の赤いボタンを選択します。

その後消すかどうかはお任せ

取り込んだ動画をカメラロールから消すとプロジェクトが開けなくなるので、編集が終わるまでは絶対消さないように注意してください

次の画面でプロジェクト(ファイル名みたいなもの)のタイトル設定と、画面の比率などの設定を行います。

横動画なら「16:9」で、縦動画の場合は「9:16」を選択。

動画配置については一旦デフォルトで大丈夫です。

動画を取り込んだら、早速編集をしていきます。

私の場合は、大体下記のような流れで編集することが多いです。

  1. 素材をカットして必要な部分だけにして動画全体の流れを作る
  2. (必要であれば)BGMを付ける
  3. 素材と素材の間のトランジションを決めて、演出の長さなども調整する
  4. テロップや演出を付ける

BGMに関してはパソコンの方が追加しやすく付けやすいかもしれないですが、VLLOでも付けること自体は可能です(無料版では一部の素材が使用可能)。

ちなみにもしBGMを付ける場合、結構音量を小さくしたほうが良いです。

音量小さめ推奨

BGM付ける時は元の14%くらいにして、最後はフェード処理しています

効果音はあまり使わないことが多いのですが、もし付けるとしたら④かなと思います。

またテロップは下記のような考慮をして統一感を出すようにしています。

  • 複数人いた場合の色味を決めておく
  • サイズを大中小くらいで決めておく
  • 標準で使い回すテロップはお気に入り登録しておいてそれを使い回す

切り抜き動画の場合、テロップは演出でもあり需要がある部分だと思うのでいつもフルテロップで編集してます。

テキストについては使ったテキストが「最近」のところに並ぶので、長押ししてお気に入り登録しておくと効率的。

文字の演出ごとお気に入りにできるので、使い回せます。

またフォントの種類も変更できるので、フォントもお気に入り登録しておくとすぐに呼び出せて便利です。

「CapCut」などアプリによっては自動で文字起こしをしてくれるものも出てきたりしてますが、VLLOにはその機能はないので自分で入力しています。

テロップがちゃんと言葉を話すタイミングと合うように調整するところに結構時間がかかるんですが、タイミングがズレると気持ち悪いので微調整しています。

テロップ一番時間かかる

複数人が喋る動画ではもっと重なりまくることも

作り始めると自然と演出が目につくようになるので、他の切り抜きを見て自分もやってみようと取り入れたりしてます。

完成したら一度フルでチェックする

動画を編集している時点で、少しずつ確認しながら編集はしていますが、完成した時は念の為通しでも再チェックします。

動画の右下のマークを押すと、普通の動画視聴画面になるので、それで確認してます。

例えば少し長めの動画だと何日かかけて編集したりもするので、演出に不統一感が出てしまっていないか・・・などを最後に見ています。

フラットな気持ちで確認してみると細かな点が気になったりするので、最後の調整をします。

最後の調整

完成間近!

問題なければ書き出しを行う

最終チェックをして「これで完成!」というところまで来たら、書き出しを行います。

書き出すときは右上のマークをタップ。

すると書き出し設定画面に移るので、希望の書き出し設定をして「抽出する」を押します。

上記がデフォルト設定だったと思うんですがが、もっと解像度を下げたりフレームレートを上げることも可能です。

またコーデックについて「H.265」は低容量で「H.264」と同じ品質を実現できるらしいですが、YouTubeの書き出しが「H.264」が基本なので「H.264」にしています。

VLLOは無料版のままだと書き出し中に広告を見ることになりますが、それほど気になりません。

有料版にすると広告なしで書き出せるようになるので、少しでも待ち時間を減らしたいという場合は有料版にするのもありかと思います。

有料にしたい気持ちも

有料と言ってもかなりお手頃価格なのでいつも悩む

サムネイルを作る

動画のサムネイルを作る順番は後でもいいですが、このタイミングで作っておくと動画をアップしたときにスムーズに設定ができるのでおすすめかと思います。

サムネイルを作る場合は画像用のソフトを使いますが、こちらも様々な種類のソフト・アプリが存在します。

私もブログのサムネイルを作るのにメインで使っていますが「Canva」を使って作るのもおすすめ。

CanvaはWebサイトと同じアカウントでログインすれば、アプリとデータの同期も可能。

お好みで

画像もどこまでこだわりたいかによると思うので、使いやすいものであればなんでも大丈夫だと思います!

YouTubeが推奨するサムネイルのサイズなどはこちらにまとめているのでよかったら参考にしてください。

YouTubeに動画をアップして動画の設定を行う

動画のアップロードはスマホ用のYouTubeアプリから行います。

アプリの画面下中央に「+」のマークがあるのでそこをタップ。

するとメニューが立ち上がるので「動画アップロード」を選択。

動画選択画面に移行するので、アップロードする動画を選択します。

一旦は細かい設定は後でするとして、タイトルを入力して非公開のままアップロード。

長さにもよりますが10分以上ある動画は少し時間がかかるので、アプリは閉じずにアップロードが完了するまで待つ方が良いと思います。

アップした後はYouTube Studioのアプリの方でタイトルやサムネイル登録など細々とした設定を行います。

同じ内容にならないかな〜

アプリだけではできない細々とした設定もあるので、一番はPC版のウェブサイトから設定するのがおすすめではあります。

完成した動画のサンプル

これは先日公開したもちまるカフェに行った時の動画ですが、これもVLLOで作成したものなので、こんな動画が作れるよというサンプルとして載せておきます。

切り抜きではないですが、場面のつなぎやテロップなどは切り抜き動画と同じように作っています。

この動画を編集する際、どうしてもモザイクが必要だったので、思い切って有料版にしました。

アプリ大好き

Premiereでやればいい話だけど、アプリの手軽さに勝てず・・・

現在の切り抜きチャンネルの状況

ちなみに・・・2022/3/20時点の切り抜きチャンネルについては、過去28日間の視聴回数は11,147回となってました。

動画を投稿していく中でたくさん見てもらえる動画が出てきたりして、そうすると他の動画も再生回数が増えたりチャンネル登録も少しずつ増えたりしてきました。

最初はもちろんこんなに見てもらえなかったのですが、それでもコツコツと動画をアップするのが大事かなと感じてます。

まだまだこれからですが、少しずつチャンネルが成長していくのも楽しいので、チャンネル運営をしていて気づいたことなどはまた別途まとめてみたいと思ってます。

まとめ

動画編集ってやってみるとビックリするほど時間と手間がかかるものですが、編集作業をやってみて「楽しい」と思えた方は動画編集に適性があるかも知れません。

個人的には切り抜き動画にテロップを入れている時やけに集中して、これが意外とストレス解消になってる気がします。

作業に集中してスッキリする

感覚的に手芸してるような気持ちになります

そして自分が編集した動画がたくさん再生されたり、高評価が付いたり、コメントをもらった時の喜びはひとしお。

ブログ運営とはまた違った喜びが存在するのがYouTubeだと思うので、興味がある方は是非ともチャレンジしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

にほんブログ村 猫ブログ 猫好きへ 
\おすすめ猫グッズ/