動画編集

【YouTubeの始め方】Adobe Premiere Proで動画編集してYoutubeにアップロードするまで全手順

2020年の外出自粛中、Youtubeに動画をアップしたい!と思い、チャレンジをしました。

このページでは私が動画編集を始めるにあたって調べたこと、必要だった情報の全てについてまとめたいと思います。

実際に1本の動画をYoutubeにアップするまでを手順を追って紹介しますので、これから始めたい方の参考になれば幸いです。

自分も見返すw

この記事はまさに自分が欲していたやつです。ちょっとした設定にも悩むことがあったので、それも含めてまとめていきます。

私がAdobe Premiere Proを選んだ理由

私は動画編集ソフトのお試しをして、Adobe Premiere Proに決めました。

決め手はこんな感じ。

  • 現在の動画業界で最もよく使われている(いつか業務で使う時役に立つかも?)
  • できることがとにかく多いという拡張性の高さ
  • 常に最新版にアップデートされる(サブスクの利点)
  • 他のAdobeソフトとの連携のしやすさ、親和性
  • 実際に使ってみての使用感

もともとPhotoshopやIllustratorを使用していたので、UI的な馴染み感もあったのかと思います。

何より世の中で広く使われている、ということはググったら情報がたくさん出てくる!ということ。

ほぼ独学で編集しているので、その辺の情報の豊富さも決め手でした。

私の周りで実際に編集の仕事をしている人も、Adobeを使っているとのことでした。

もし動画編集を仕事にしたい、という場合もPremiere Proが良いのでは、思います。

動画編集をする上での様々な設定について

ここからは実際の編集時の設定についてまとめていきます。

手順を行って、私も以下の初編集動画をYoutubeにアップしました。

尚、使用しているソフトはAdobe Premiere Proですので、Premiereのメニューでの説明となっています。

シーケンス設定について

まずシーケンスを作ります。

シーケンスと言うのは動画編集を編集する器のようなもの。

このシーケンスと言うものの中で複数の動画を切り貼りしたり、音を付けたりしていきます。

結論から言いますと、

AVCHD 1080p30

を選んでおけば一旦大丈夫。

一眼で撮る人におすすめなのがAVCHDとDSLRと言う事で、このどちらかが主力のようですが、様々な動画やサイトを見る限りAVCHDを使っている人が多かったです。

ちなみに30と言うのはフレームレートです。

もしフレームレートが24など30より低いものがあれば、使う動画素材の中で最も低いフレームレートに合わせます(60、30、24だったら24ということ)。

ちなみにフレームレートというのは1秒間に何コマの動画か、ということを表しています。

多くは30でまかなえるケースが多いと思いますが、念のため最初にチェックしてください。

多ければ多いほど滑らかで美しい動画になりますが、その分コマ数が増えるので必然的に容量は重くなってくるはずです。

初めて作るときは、メニューの新規>シーケンスから作成します。

動画同士をつなぐフェードについて

隣り合った動画をつなぐ時に、フェードをかけてくれたりする機能です。

実際、これはかなりの頻度で使うと思います。

使い方は、

エフェクト>ビデオトランジション

から使います。

最も最初に使いやすいのはその中の、

ディゾルブ>クロスディゾルブ

かなと思いますが、同じメニュー内にある、

スライド>スプリット

など色々な効果をドラッグ&ドロップでつなぎ目に載せると、すぐに設定が反映されて確認できるので、色々試しながら好きなものを見つけて設定するのが良いと思います。

またのくらいの時間をかけて動画を切り替えるのかという速度についても設定することができます。

効果の部分をクリックするとエフェクトコントロールパネルに「デュレーション」という項目が出てくるので、そこで時間を設定できますし、もしくは右クリックからでも調整が可能です。

主に行う編集について

この辺は作りたい動画がどんな動画かにもよると思いますが、

  1. タイトル画面を入れる
  2. エンド画面を入れる
  3. テロップを入れる
  4. 動画の長さを調整
  5. 動画の速度・位置・ズームなどを調整
  6. BGMを付けて音量を調整
  7. BGMと動画の位置を調整
  8. 動画やBGMのフェードを入れる

などなどの調整を行なっています。

最初はまず動画の元素材から要るところと要らないところを取捨選択し、繋ぎを付けて、必要な処理を施していきます。

一つ一つの説明は割愛していますが、この記事の最後に編集の学び方についても触れていますので、参考にしてください。

実際やってみると2〜3分の短い動画でも途方もない編集時間がかかるのでビックリ!

一つ一つは大変な作業ではないですが、自分のイメージに合致するまで調整と確認の繰り返しで地味に時間がかかる部分です。

手ブレ補正

Premiere Proには手ブレ補正を調整する機能がついていますので、もしブレが気になる動画があった場合は、エフェクトから調整します。

選択方法は、

エフェクト>ビデオエフェクト>ディストーション>ワープスタビライザー

の順です。

スタビライザーを補正したい動画部分にドラッグ&ドロップすると分析が開始します。

動画の長さにもよりますが、完了するまでに少し時間がかかるので、設定して待ちましょう。

ちなみに速度を早めるなどの処理を行なっている素材と、このワープスタビライザーは同時使用できないためご注意を。

このようなケースがもし他にもあれば、見つけ次第書き足しますね。

動画のぼかしの掛け方

撮影した動画をYoutubeなどにアップする場合、たまたま写ってしまった方のお顔が出てしまうのはあまりいいことではありません。

権利関係から言ってもそうだと言えますね。

ですので、ぼかしをかけておくことをおすすめします。

ぼかしは

エフェクト>ビデオエフェクト>ブラー&シャープ>ブラー(ガウス)

から選択できます。

効果をかけたい動画にドラッグ&ドロップするとエフェクトに追加されるので、

  • ぼかしをかけたい範囲
  • どのくらいぼかしをかけるか

をセットします。

このぼかし範囲は、動画に設定するとずっと残ってしまうので、ぼかしが不要な部分からカットして・・・など更なる調整が必要になることもあります。

そのため私は

  • 動画をカットして不要なシーンを取り除く
  • 動画をズームして映らないようにする

などの対処で対応することもあります。

書き出しの設定

書き出しは「メディアエンコーダー」という連動ソフトで行います。

ここではYoutubeに動画をアップすることを前提の設定を記載します。

まず動画の形式をH.264に設定します。

メニューはファイル>書き出し>メディア>キューの順に選択するとメディアエンコーダーが立ち上がります。

その後、左下に様々な動画設定の一覧が出てくるかと思うので、Youtube 1080 フルHDを選択し、ファイルを出力する場所を決めます。

そしてエンコーダーの再生ボタン(三角のボタン)をクリックするとエンコードが始まり、書き出した動画はmp4というフォーマットで書き出されます。

ちなみに設定についてですが、Youtubeにアップする場合はインターレースではなくプログレッシブを選ぶ必要がある点にも注意が必要です。

インターレースの場合、アップする時にエラーになるようです。

この辺は公式のヘルプにも詳しく書かれていますので、参照してください。

ただ最初のうちは「プログレッシブになっていればOKなんだな!」と認識しておけば十分かと思います。

ポイントだけまとめると

  • 動画の形式はH.264
  • 動画設定はYoutube 1080 フルHD
  • 設定はプログレッシブを選択

と言うことです。

ちなみに個人的に見る用途であれば、形式をQuickTImeにするとmov形式で書き出されます。

何も設定せずに一番最初に書き出した時は、この形式になりましたので、どういった用途にするかで設定を確認してください。

Youtubeにアップするサムネイル

動画を作成した後に、自分のチャンネルにアップする場合にサムネイルが設定できます。

よく「サムネ」とも言われますが、一覧に並んだ時に出てくる画像のことです。

動画の1シーンをサムネイルにすることもできますし、 作成したサムネイルをアップすることもできます。

サムネイルに設定できる動画のシーンは、Youtubeが選定してくるので、意図した内容にしたい場合はサムネイルを画像で作ります。

サムネイルの仕様ですが、

  • 2MB以下
  • 1280px × 720px (最小幅は640px)
  • アスペクト比 16:9
  • JPG、PING、GIFなど

が推奨されていますので、推奨サイズに従って作ることをお勧めします。

こちらも詳しくは公式のヘルプにも記載がありますので、さらに詳しい情報を見る場合は参考にしてください。

動画が完成したら・・・

こうして動画が完成したら自分のチャンネルにアップロードします。

動画の長さにもよりますが、回線速度が遅いとアップロードにも時間がかかるので要注意。

チャンネルの設定などについては、また機会があれば詳しく別の記事で書いてみたいと思います。

少しずつ前進

チャンネル設定も色々やることあります

【事前準備】様々な素材を準備しておく

ここまで具体的な流れについて書きましたが、実はその前にやっておくと便利な事前準備について触れておきます。

ソフトを手に入れたら早速編集!と思いがちですが、これを先に準備しておくと後々役に立つはず。

BGMや効果音の準備をする

動画編集を実際してみるとより実感しますが、BGMって重要!

音を付けただけでガラッと印象を変えられるくらい、動画の雰囲気を左右します。

音楽については、

  1. 無料サイトで使いたい音源を探す
  2. Youtubeのライブラリから音源を探す

という2パターンがやりやすいと思います。

また編集した動画をごくごく個人だけで見る、と言うことであれば問題はないですが、Youtubeにアップする場合は権利について確認が必要です。

無料サイトを使う場合も、そのサイトの使用ポリシーを必ず確認してください。

これは音楽に限らず、あらゆる素材を使うときに必須のマインドです。

私はDOVA-SYNDROMEさんで色々な音楽を探しました。

聴いてみるとあの動画の音楽だ〜!!と思うものがたくさん見つかると思います。

特にBGMはクオリティの高いものが多く、聴いているだけでも楽しいです。

使用する際は、サイト全体のポリシーを確認することに加えて、実際に使う音源を決めたら、その製作者が個別に取り決めているものがないか、そちらも必ず確認しておきましょう。

毎回探すのも大変なので、明るい曲、しっとりした曲、いくつかのジャンルに分けてあらかじめ素材フォルダに保存しました。

フォントを準備する

どの程度こだわって編集をするかにもよりますが、フォントはBGMと同じく印象を大きく変える部分。

好みのフォントを追加しておくことで、より楽しく動画編集ができるようになると思います。

探し方は色々ありますが、Adobeを契約している場合はAdobe Fontsが使えます。

Adobe FontsはAdobeのCreative Cloudを契約していると無料で使用できるサービス。

しかも使い方も簡単。

サイト上で好みのフォントを見つけたら、アクティベートするだけでソフト上で使えるようになるのがすごく便利です。

画像素材を準備する

どんな編集を行いたいかにもよりますが、動画内で説明を追加したり、補足情報を追加する場合に画像素材は一つの方法です。

画像素材については、世間でもよく見かけるいらすとやさんが超有名ですね。

Youtubeの動画でも使われているところをよく見かけます。

冗談ではなくいらすとやさんってサラリーマンの救世主だと思ってて、仕事で資料作ったりする時にも素材が必要になることってよくあるんですが、その時にもとても使いやすいです。

取引先の資料でもよく見かけます。本当に神!

その他では、以下のサイトが有名です。

これらのサイトはwebデザインでもよく使われるサイトです。

画像素材については作りながら「ここに足したい」と思うことも多いかと思うので、都度探すのでも問題ないと思います。

【参考】動画ソフトを手に入れた後の学び方

私は以下のような順番で少しずつ使い方を学んでいきました。

  1. 編集ソフトに付属しているチュートリアルをやる
  2. Adobeの公式サイトで学ぶ
  3. ググって調べる
  4. 動画で学ぶ
  5. 本で学ぶ

編集ソフトに付属しているチュートリアルをやる

編集ソフトのお試し期間に真っ先に取り組みました。

チュートリアルをこなしながら、使用感も確認することができます。

ここでのチュートリアルの充実度がPremiere Pro>Final Cut Proだったことも選ぶ時のポイントになりました。

Adobeの公式サイトで学ぶ

チュートリアル後の課題として実際に自分の動画を作りながら学んでいきました。

見ているだけだと分かったつもりになっても実際は「なんだっけ?」となりがち。

知識はアウトプットする時に定着すると思うので、手を動かしながら習得していくのはお勧めです。

ちなみにこのシリーズがStep0から3まで公開されています。

Premiere Proことはじめ Step0 とりあえずやってみよう!3分でできる動画編集

ググって調べる

①②を取り組みながら、並行して知りたいことや気になることをどんどんググって調べました。

例えば「シーケンスの設定」や「書き出しの設定」など。

全体の流れを知るには動画での情報は優れていますが、ピンポイントで調べるときは文字情報が手軽で良いですね。

動画で学ぶ

動画ソフトの名前で検索するとYoutubeでたくさん出てきます。

一つ見始めると後はどんどんYoutubeがおすすめしてくれるので、その中から必要な動画を剪定すると良いと思います。

本で学ぶ

最後に本。

もし学ぶとしたらおすすめはこの本。

本についてもこれまで説明したことと同様に、何もしていない状態で読むよりは、実際に編集をしながら読み進めていくと言うのがいいと思います。

なので少し触ってみて、つまづいたところができてから読むと、吸収が早いと思います。

こうした制作物って、やってみるしかないというか、それが一番ですからね。

【参考】動画編集ソフトの種類と選び方

編集ソフトも様々なものがあります。

本当に手軽なものだったら無料のアプリでも編集ができます。

手軽で楽しい

それはそれで楽しいのでたまにやります。よく使うのはVLLO。

ただ色々な編集を試してみたい、編集知識を身につけたい、という場合は本格的なソフトを使うのが良いです。

動画編集ソフトの2トップと言えば、AdobeのPremiere ProまたはAppleのFinal Cut Proです。

多くの有名Youtuberもこのどちらかで編集してます。

最近はPremiereを使っている人(乗り換えた人も含め)が若干多そうな印象ですが、東海オンエアはずっとFinal Cut Proのようです。

無料体験して決めよう

どちらも無料体験ができるので、無料版をDLして試してみましょう。

無料トライアルは以下から始めることができます。

Adobe Premiere Pro(7日間無料)

https://www.adobe.com/jp/products/premiere.html#mini-plans-web-cta-premiere-pro-card

Apple Final Cut Pro X(90日間無料)

https://www.apple.com/jp/final-cut-pro/trial/

Final Cut Proが約3ヶ月間も無料体験できるのに比べて、Adobeは7日間だけなので時間にゆとりがある時にお試しするのがおすすめです。

価格や契約形態について

FInal Cut Proが買い切りであるのに対し、Adobeはサブスクリプション型という違いがあります。

サブスクなので、使い続ける限りは毎月支払いが生じる点に注意。

Adobeはちょくちょく初回契約に対する大幅な割引セールをしていますので、急がない場合はその時に契約するのがおすすめ。

ちょうど今、5/7までセールをしているのでそれで比べると・・・

  • Final Cut Pro 36,800円(買い切り)
  • Adobe Premiere Pro 年間プランの月々払いで1,848円/月(1年22,176円)

ということになります。

長くなったからね

1,848円というセール価格も、色々と継続できる方法があります。それについてはまたいずれ・・・

もう少しお手頃に始めたいと思った時に考えること

価格を知ってちょっと高いな、と思った方もいるかもしれません。

その時に考えるべきは、Youtubeを始たいのか、動画編集をしたいのか、という点。

もし動画編集を学びたいんだ!という場合は、高くても上に書いたソフトのどちらかを学ぶのが良いと思います。

逆にYoutubeを始めること自体が目的の場合は、もう少し安いソフトで始めるのもありです。

ポイント

アプリや無料ソフトで編集している人もたくさんいます

Adobeは一部の機能を切り出した「Elements」版であれば比較的安価でダウンロード購入もできます。

iPadなどで編集したい場合は、Adobe Premiere Rushというソフトがあり、Proより安いです。

Proよりできることは少ないですが、そこまで作り込む必要がない場合はこちらの検討もありです。

ちなみにProを契約するとRushは付いてきます。

やっぱりProはいい

実際私の体験としては一度Proに慣れてしまうと、Rushは「ここができない」となるかな〜とは思いました。

他にも、比較的廉価な編集ソフトでも人気のものがあります。

実際にYoutubeに動画をアップしている人が使っているソフトとしては、以下のようなものがあるようです。

PowerDirectorやFilmoraはお値段も手頃で始めやすい価格だと思います。

まとめ

動画編集の一連の流れについてまとめてみました。

この記事は私こそが最初に知りたかった!という内容。

動画編集をこれからしてみたいと考えている方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめ転職エージェント
JACリクルートメント
両学長が年収アップを目指す転職の際に相談するエージェントとしていつもおすすめしている転職エージェント。
①東証一部上場で会社として安心感
②ミドル・ハイクラスに強い
③年収も600万円以上がメイン
④案件に詳しい担当者が求人を紹介

といった点がポイントの転職エージェントです。

詳細を見る

マイナビエージェント
両学長がJACと共にいつも若手向けおすすめのエージェントとしておすすめしている転職エージェント。マイナビはマイナビクリエイターなども展開して度々ウェビナーなども開催されているのでお世話になっています。
①特に関東圏の優良求人に強い
②20-30代の転職に強い
③人事・採用担当者との太いパイプ
④親身な転職サポート

といった点がポイントの転職エージェントです。

詳細を見る