【転職活動】転職に役立つ本をまとめました【強み/年収アップ/企業研究】

本サイトにはプロモーション/アフィリエイトリンクが含まれます。

今すぐ転職したい人も、ゆくゆく転職したい人も、普段から情報収集しておくことでいざと言う時に動きやすくなるはずです。

ここでは私が実際に参考にしてきた転職活動に役立つ本についてまとめました。

転職活動される方の参考になれば幸いです!

にほんブログ村 猫ブログ 猫好きへ 

転職活動の進め方全手順についてはこの記事に、転職スケジュールの立て方はこの記事にまとめてます。

目次

初めての転職する人なら必読の本

「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法」

この本は数年前に購入して読み、また今回活動をし始めて改めて読み直しました。

20代後半くらいで初めて転職しようとする人がドンピシャなターゲットな感じではありますが、考え方や企業の選定はどの年代でも参考になる部分があると思います。

2つの企業があったとき、どっちを選ぶ?その基準は?そういうことがクリアになっていない場合、なるほど、そう言う視点で企業を選ぶべきなのか〜と一つの参考になると思います。

またストーリー仕立てで読みやすく、すらすら読むことができるのも良い点。

転職する時の本って、履歴書とか職務経歴書とか面接対策とか、そうしたものが主流だった気がしますが、この本のようにそもそものマインド面について詳しく書かれた本が増えてきたのはとても良いですよね。

読んだことない方はまずこの本を手に取ってみるのはおすすめです。

転職の全体像を知りたい人におすすめ

「転職大全 キャリアと年収を確実に上げる戦略バイブル」

次に割とスタンダードな本というか基本的な本というか、転職についての一から十までのことを書かれている転職大全について書きたいと思います。

この本はキャリアコンサルタントの小林さんの本です。

以前、職務経歴書の記事を書いた時に動画を載せましたが、職務経歴書をまとめるにあたって参考にした方です。

この時からずっと読んでみたかったんです。何しろ私、自分の経歴をまとめることに全く自信がなくて・・・汗

職務経歴書できちんとストーリーを語ることの大事さが書かれていたり、また記載方法のサンプルもあり、転職活動の全体像を掴むにはこの本が向いていると思いました。「大全」と謳っているだけあります。

私は見返す用にたくさんマーカーを引いて、見返しながら活動を進めていました。

自分の強み・本当にやりたいことを知りたい人におすすめ

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」

面接でよく聞かれる質問として「あなたの強み・弱みはなんですか?」という質問があると思います。

とにかく自分のことを語るのが面接ですが、その反面意外と自分のことは自分が一番わからなかったりするものです。

自分の強みって?ということに悩んだことのある方も多いのではないでしょうか。

そんな時に客観的に自分の才能に気づかせてくれるきっかけになるのが、このストレングスファインダー。

テストを受けることで自分の中にある資質を教えてくれます。

本を買うとストレングスファインダーが1回受けられるコードがついてきますが、レビューで「既に使われたコードだった」という声をよく見かけるので中古は買わない方が賢明です。

私は5年以上前に一度受けていて、最近それを見返していたところ、「分析思考」などが上位資質に含まれていて、改めて見てもしっくりきました。

そして受けてからしばらく経ったので、改めて全資質を確認できるテストを受けたところ一部入れ替わっていました。

何年かおきに受けてみるのもいいかもしれません。

「適職の結論 あなたが気づいていない「本当の強み」がわかる」

Utsuさんというのは、時々見ているYouTuberの方です。

元大手ITコンサルの営業として、年収数千万円で働くなどかなりの高収入で働いた後に、今は独立されています。

新卒向けの生配信なども多数されています。

「適職の結論」という気になるキーワードでもあり、ずっと気になっていました。

元々Utsuさんが営業をされていたと言うことで、営業寄りの仕事をしている方にはより納得感のある内容かもしれないなと思いました。

私がUtsuさんが言っていることの中で、なるほどと思ったのは「転職は絶対に直接応募するべき」ということ。

これ結構他の人の言うことと違いますよね。

年収をアップさせたいなら転職エージェントに、と思いがちなところ、むしろ直接応募の方が意欲が伝わり、そして条件もアップできるというのがUtsuさんの説。

そこでビズリーチは企業から直接スカウトが受けられるので、直接応募の選択肢として活用していました。

「世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方 人生のモヤモヤから解放される自己理解メソッド」

この本も前から気になっていて、購入してみました。

この本のテーマの自己理解と、結局自分って何がやりたいの!?ってところ、難しいなと思ってしまうんですよねえ、相変わらず。

ヒントを見つけたい方に、参考になる本です。

長期的な転職についての戦略を考えたい人におすすめ

「転職2.0 日本人のキャリアの新・ルール」

LinkedInの日本代表の著書であるのがこの本。

2.0といえば「お金2.0」などの書籍も売れましたね。

そして今度は「転職2.0」を発見。

タイトルがキャッチーだなと思ったのと、書いているのがLinkedInの方ということで興味があって読んでみました。

LinkedInの代表なだけあって、いかにSNSを使って自分をアピールして仕事につなげていくかということが書かれていました。

この辺は今後ますます重要になっていく気がしています。

SNSだけでなく知人も友人も転職エージェントも全て、ゆるい繋がりの中で仕事を見つけていく(それも断続的に)ということがデフォルトになっていくと感じています。

この本、今すぐに転職を考えていない人にとっても、読んでおくと今後の戦略の参考になるのではと思いました。

マーケターにおすすめの転職本

「マーケティングの仕事と年収のリアル」

私の仕事がwebマーケティングにも関わるものであるため、この本は絶対に読んでおきたいと思っていました。

実はマーケターってかなりピンキリだと思っていて、かなり様々な年収の人がいると思います。

他にはなかなかないテーマで書かれた本です。

どの会社を選んだらいい?会社選びに悩む人におすすめ

業界地図

改めてどこの会社に行くか?ということを考える時に、ベタですが「業界地図」と「会社四季報」は必須でした。

企業研究する上でベースになる情報だと感じていて、手元に置いて企業の比較などに使っていました。

季節ごとに新しいものが出るので、本当に動き始めそうなタイミングに合わせて購入するのがおすすめです。

著:東洋経済新報社, 編集:東洋経済新報社
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
\楽天スーパーSALE開催中!/
楽天市場で見る

会社四季報

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
\楽天スーパーSALE開催中!/
楽天市場で見る

企業名として掲載されているのは大手ですが、自分の目指す業界の全体を把握するにはどちらもピッタリです。

ベンチャーを目指す人でも持っていて損はないと思います。

四季報は情報を開示している企業なら平均年収なども見れたりします

選考中のSPI対策・適正試験対策におすすめ

「【テストセンター・SPI3-G対応】これが本当の転職者用SPI3だ!」

色々考えて迷っている時は時間ありますが、いざ活動を始めるとやることがたくさんあって忙しいです。

仕事をしながらの転職活動であれば尚更。

きちんと対策しておけば、直前で慌てずにすみます。

隙間時間を使うなどしながら、ひとまずSPI対策をしておくことをおすすめします。

転職者用の本を買い、並行して大学生用のSPIの本も購入して勉強してました。

まとめ

今すぐ転職をしたい人もそうでない人も、いつかは転職をしたいと思っている人も情報収集はしておいて損はないかと思います。

普段から自分の仕事やキャリアについて考えておくことが、転ばぬさきの杖になると思いますし、職務経歴書もできる限り最新のものを用意しておきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

にほんブログ村 猫ブログ 猫好きへ 

おすすめ転職サイト「ビズリーチ」

私も実際にこのサイトを使って転職しました。

おすすめオンライン英会話「ネイティブキャンプ」

予約不要、レッスン受け放題、カメラオフOKで英語を話す機会を持ちたい人におすすめです。

おすすめブログテーマ「SWELL」

このブログでも使用しているWord Pressのおすすめテーマです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします
目次