MENU
カテゴリーから探す

【ビズリーチ】転職決定するまでのスカウト数・カジュアル面談数・応募数まとめ

  • URLをコピーしました!

2020年の終わり頃から転職を意識するようになり、活動をしてきました。

一時期は「本当に転職するのか?」と自分でも思うくらい遅々としていましたが、ついにこの度ビズリーチのプラチナスカウト経由で転職先が決定しました。

いずれもっと詳しい話も書きたいなと思っていますが、この約2年間の転職活動において

  • ビズリーチでカジュアル面談をした数
  • ビズリーチで応募した数

についてこの記事ではまとめていきたいと思います。

転職活動にとらわれて約1ヶ月ぶりのブログ更新となりました・・・

\ビズリーチは個人的おすすめ転職サイトです/

にほんブログ村 猫ブログ 猫好きへ 
目次

ビズリーチで受け取ったスカウト数

まずは母数となるビズリーチで受け取ったスカウト数を数えてみました。

2年間活動していたと言っても、時期によっては忙しくて全く活動できなかった期間もありました。

そのためスカウトの受付を停止にしていた時期もありますので、それを踏まえてみてください。

受け取ったスカウトの総数は・・・
  • 転職エージェント(ヘッドハンター)からのスカウト数 205件
  • 企業からのスカウト数 88件

ヘッドハンターからのスカウトですが、同じ転職エージェントから何通も届くこともあります。

それがかなりの数になるので、企業からのスカウトのみ受け取って、ヘッドハンターからのスカウトは停止している期間もかなり長かったです。

以前別の記事でもスカウト状況について書きましたが、登録直後がもっともスカウトが多く届く時期です。

その後は時期によりスカウトが何通も届く時期もあれば、それほど届かないという時期もあり、結構ムラがありました。

ビズリーチが採用企業に向けたキャンペーンをしている時期にスカウトが多く届いてることもあったようです

ビズリーチでカジュアル面談をした件数

ビズリーチでは主にプラチナスカウト経由で話を進めていました。

実際にカジュアル面談をした件数がこちら。

カジュアル面談した数は・・・
  • 転職エージェントとのカジュアル面談 5社(スカウト全体の約2.4%)
  • 企業とのカジュアル面談 9社(スカウト全体の約10%)
  • 企業とのカジュアル面談調整中に消失 1社

転職エージェントのカジュアル面談については「この求人どうですか」という具体的な案件があるケースと、全般的な相談に乗ってもらうケースの2パターンがありました。

一方、企業からのスカウトに関しては基本的にポジションが決まっているので、求人の中身を見て話を聞くかどうか聞くのが基本でした。

1社だけどうしても面談時間の調整が合わず、先方から「時間が合う人を優先して進めたい」と言われて断られたことがありました。

ビズリーチ経由で実際に応募した求人数と内定数

ビズリーチ内では公募と言って、スカウトの有無に関わらず一般的な求人サイトのようにポジションの内容を見て自分から応募していくことも可能です。

私は基本的にプラチナスカウト経由で応募することが多く、公募では応募しませんでした。

スカウト経由で実際に応募した数がこちら。

実際に応募した数は・・・
  • 実際の選考に進んだ企業 5社
  • 内定した企業 1社

改めて2年間として振り返ると、かなり少ないかもしれません。

ただ実際、働きながらの転職活動は時間を割くのがなかなか大変です。

ある程度厳選せざるを得ないという側面もありました。

またこのブログでも体験談を書いていますが、JACリクルートメントなどには別途相談にのってもらっていたり、ビズリーチ以外の方法でも求人は常に探していて、他で応募をしたりしていたこともあります。

なので今回の転職活動全体でいうと、応募企業はもう少し多いです(それでも10社以内ですが・・・)

他にもリクルートやDODAなどのサイトにも登録してました

今回の転職で年収・条件は良くなるのか?

皆さんが気になるのは結局ここだと思います。

それで年収は上がるのか?という点についてですが、年収は上がる見込みです。

また年収だけでなく、以下のような条件面も自分にとってプラスになりそうです。

  • 通勤時間が短くなる
  • テレワークが活用しやすくなる(日数は現職と同じくらいかもしれないが、今は制限が多いので)
  • フレックスタイム制が使えるようになる

特にフレックスタイムについては、できれば使える環境で働きたいなと思っていたポイントです。

フルリモート希望の方も今は増えているかと思いますが、フルリモートにはそこまでこだわりがありませんでした。

ただ通勤時間が短くなるのはすごく嬉しいです。

よく「転職の軸を決めるのが重要」と言われますが、私の場合は「これだ」というポイントを一つに絞るのがとにかく苦手で、逆に「絶対にこれは嫌だ」というのが何個かあるタイプなんですよね。

なのでとにかく求人に関しても「○○は良いけど××が・・・」というのが多かったです。

この企業に関してはその「絶対嫌だ」というポイントに当てはまらなそうだったこと、そして他の条件もプラスになるところが決め手でした。

最悪の最悪、環境が合わず次をまた探すことになる可能性もあると思いますが、それでもいいから転職してみようと思えたので決めました

ビズリーチで内定するともらえるもの

ちなみにビズリーチを通じて採用が決まると、アマギフ(Amazonギフト券)がもらえます。

知ってはいたんですが後で申請しようと思って寝かせておいたら、アプリを起動したときに初めてこのポップアップが出ました。

先に企業側が報告をしたから、未申請の私に通知が来たのかなと思います。

なかなかレアな画面な気がするので、思わずスクショしました。

仕事に役立つものでも買おうかな〜

ちなみに今はビジネスプロフィールに使う用の写真を撮影する撮影チケットももらえるそうです。

今のところ撮るかどうか不明ですが、チケットもらったら改めて考えたいと思います!

まとめ

ついに決着した今回の転職活動において、この客観的な数字が参考になればと思ってまとめてみました。

年齢が上がれば上がるほど転職しづらくなるのではないか?と不安になっていた約2年前。

JACリクルートメントの方との面談を経て一旦会社に残ることを決めて、その後も少しずつ活動を続けてきました。

応募した企業数は多くありませんでしたが「こんなスカウトが来るんだ!」と思える企業やポジションで選考に進んだりもしていました。

とはいえ、転職の成功って数字や条件が良くなったかどうかだけの話ではなく、実際にそこで自分が馴染んで活躍できるかどうかも重要ですよね。

成功する転職になるかどうかはこれからの自分次第だと思うので、これから頑張っていきたいなと思います。

まだまだ転職までにやらなければならないこともいろいろあります・・・(現実)

最後までお読みいただきありがとうございました!

転職活動におすすめです
にほんブログ村 猫ブログ 猫好きへ 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次