Youtube

Youtuberヒカル×シバターのRIZINに学ぶこれからのマーケティングについて。

年末年始はYoutuberのシバターが、RIZINに出演するということで、それに関連する動画をたくさん見てました。Youtubeの動画の面白さというのは、その一連の繋がり、ストーリー性だと思っています。

テレビでは完成された番組、それも1時間などの決まった単位の枠の中でいかに視聴率を取っていくかというゲームだと思いますが、それに対してYoutubeはどうかというと、

  • 時間の枠が決まっていない
  • 本番のYoutubeに合わせて前後のサイドストーリーも全部コンテンツにできる
  • 繋がり、ストーリー性にひかれたユーザーが動画を追いかけていく

という点が異なる特性であり、Youtubeの強みなんだと思います。
テレビは単発で、Youtubeはチャンネルに流れるストーリー込みで、ユーザーが楽しみにしている点が大きく違います。

今回のシバターのRIZINで言うなれば、

  • RIZINの出演が決まった
  • セコンドにヒカル、ラファエル、てんちむがつくことが決まった
  • ラファエルが生放送枠じゃないなら出ないということになった
  • RIZINの対戦相手が誰なんだ
  • RIZINの対戦へのシバターの想い
  • RIZINのコスチュームを作りにいきました
  • RIZIN当日
  • RIZIN当日の前後の様子
  • RIZINが終わってのシバターのコメント
  • 勝って1000万円を手にしたことで実施される企画(これから)

という感じで、一つ一つが全部コンテンツとして動画になっています。だからRIZINの当日が来るまで少しずつ一緒に追いかけていって楽しめたし、合間に挟み込まれるTwitterも合間ってどんどん面白さが増していく。

今回は当初は一緒に入場するはずだったラファエルが出ないことになり、その代わりに対戦相手がXとして隠されていたことから「実は相手がラファエルなのでは?」というような噂もあり、いろいろな面で話題になった結果、シバターの対戦が放映された時間帯は前年比でかなり視聴率が伸びたようです。

またYoutubeにあるRIZINの対戦動画も、他の試合と比べて大きく視聴回数を伸ばしています。

これらがシバターのチャンネルはもちろん、ヒカル、てんちむのチャンネルでも再生回数を伸ばしまくっていました。

自分でもこれらのほとんどの動画を見てることに若干引くくらいですがwとにかくこうした一連のストーリーをタイムリーに追いかけられるというのがYoutubeの良さであり、その良さを最大限に活かし切ったコンテンツの一つだったと感じています。

そして当日、まさかのファイトマネーとして「勝ったら1000万円を渡す」というヒカルのツイート。動画の中でもこのツイートの件が触れられていましたけど、本当にこのことによってネットの中に「シバターがんばれ」という空気が生まれたことを感じています。

今まで色々と人のことをあれこれ言ってきたシバターが、このRIZINについては自分の娘のために頑張りたいということを言ったり、ラファエルが辞退をする中で出演を決めたヒカルたちへの感謝を述べたり、いい意味でものすごく印象をアップしてました。
(ま、普段が悪すぎるっていうのもあるんですけど・・・笑)

個人的には対戦が終わった後の動画の中で「ヒカルたちに恥をかかせなくてよかった」と言っていた姿が非常に印象的でした。

これは一例にすぎず、ヒカルが手がけているアパレルブランドの件や、寄付の件など、その他のコンテンツについても同様に感じることですが、

ストーリーの伝え方が抜群にうまい

と感心します。自然とそうなるよう動画の順番や中身をきちんと考えているんだと思いますが、商品を売るにしてもストーリー全てを伝えて売っているという点が、これからのマーケティングなんだと感じます。

もちろんうまくいっている例もあれば、あれはどうなったんだ?という某店舗のことなどはありますが、商品を作って売っていくときに、その商品を作る想いや成り立ちから含めて発信していくというスタイルはこれからもっと多くなっていくと感じています。

そういうことに透明性や期待感を感じたり、そして応援したい!という思いを持ったりする、という世界になってきているんだと思う。

大炎上から復活し、影響力を身につけ始めているヒカルが、その影響力をいい方向に活かすということがどんどんうまくなっていってるなと思います。

そんなわけでまだ見ていない方は、是非とも動画見てみてください。
この動画の中でもヒカルがいろいろな「読み」をしてるんですが、それらも色々当たっていてさすがだなと感じます。

次の1000万円企画も楽しみです。

なんて言いながら、一番好きなYoutuberは東海オンエアなんですけどw

そしてこのストーリーのもっと手前の話になると、そもそもRIZINに推薦したのは朝倉未来だということ。
海外では既にメイウェザーなどの有名な選手が海外のトップYoutuberと戦って注目を集めるということが行われてきたようで、それをモデルにしたんでしょうね。

過去の二人の対戦動画はもうすぐ2000万再生!
この頃は流石に私も追っていなかったですが、振り返って追いかけてしまいそう。

少しずつ道を作って、それが花開いた瞬間が年末のRIZINだったのかと思うと、この流れの中に学ぶべき点が多くあるなと改めて感じました。

シバターはこの後、いつもの病気が発動しているような動画を出しましたけど、世間の見方が変わったことが圧倒的に高評価率が高いことから読み取れます。

一夜にして全く変わってしまった感じ。

こんなこと言ってますけど、コメント欄があたたかすぎて思わずほっこりしますね。

ラファエル、出ればよかったって正直思ってるだろうなあ。。
絶対に表には出さないだろうけど。

今後もYoutube情勢が変わっていきそうなので、どんな世界になっていくのか、楽しみに見守っていきたいと思います。

おすすめ転職エージェント
JACリクルートメント
両学長が年収アップを目指す転職の際に相談するエージェントとしていつもおすすめしている転職エージェント。
①東証一部上場で会社として安心感
②ミドル・ハイクラスに強い
③年収も600万円以上がメイン
④案件に詳しい担当者が求人を紹介

といった点がポイントの転職エージェントです。

詳細を見る

マイナビエージェント
両学長がJACと共にいつも若手向けおすすめのエージェントとしておすすめしている転職エージェント。マイナビはマイナビクリエイターなども展開して度々ウェビナーなども開催されているのでお世話になっています。
①特に関東圏の優良求人に強い
②20-30代の転職に強い
③人事・採用担当者との太いパイプ
④親身な転職サポート

といった点がポイントの転職エージェントです。

詳細を見る