リベ大・リベシティ

【リベ大】両学長の動画を見て固定費・変動費の予算を組み立ててみた。

本日の両学長の動画は蓄財をするなら必須、というお金の予算の組み立てに関する動画でした。

この動画を見て、実際に私の家計で予算を立ててみました。なんとなくは把握してましたが、明確に出してみると頭の中がスッキリしました。

全くそのままではないですが、かなりリアルな数字になっている、個人予算2021年版について書いていきます。

お金の基礎を学ぶには、両学長の「お金の大学」もおすすめです。
ビックリなのは、学長が印税を受け取らずに本の価格を値下げしているという点です。

なぜ予算を立てることが大事なのか?

そもそも、なぜ予算が大事なのか?という前提から。

  • お金持ちになるコツは倹約・倹約・倹約に尽きる。
  • 予算をたてていない人は、どこかで必ず無駄遣いをしている。

だからまず予算を立てることが重要!

まず収入を予測する

ポイントは少なめに見積もること。

  • 残業代やボーナスを含めない
  • 月収も低めに見積もる

学長でも全体の収入から2割程度引いて見積もっているそうです。

ということで年収では考えずに月収の手取りで計算しまして、私の最低限の収入は230,000円で計算スタートすることにします。

この金額が私の予算上限になるわけですね。

この金額を上回った分は、余剰金だと考えることができるので、基準ができてある意味すごくスッキリします。

しかも2020年からのコロナ禍で、私自身の収入が激減しておりまして、学長の言っていることはすごくリアルで、真剣にやってみようと思えるわけです。

固定費を考える

次は固定費です。固定費は以下のようなもの。

  • 住宅ローンや家賃
  • 水道光熱費
  • 保険料
  • 通信費
  • 貯金や積み立て費

私の家計に置き換えて、一つ一つ計算して行ってみます。

家賃

現在賃貸住宅に住んでおり、月の家賃は70,000円です。

実はもう少し下げられないかなと思い、最近少し物件を探してみたのですが、今の家がバランスが良いんですよね〜。

東京近郊で住むとなると、どうしてもこのくらいはしてしまいます。

コロナでフルリモートになった会社の場合、北海道に移住した人もいるそうです。行動力もすごい!

水道光熱費

水道・ガス・電気ですが、ガスと電気は年間での変動が大きいので2020年を合計して割ってみました。

  • 水道 1500円(2ヶ月3000円)
  • ガス 3800円
  • 電気 5500円

しめて月々の合計は10,800円

特に電気の変動がすごく大きく、コロナで在宅時間も増えたりしているので多めになっている状況です。

保険料

掛け捨ての安い共済の医療保険にだけ入っています。
こちらは月に2,000円

後で戻ってくる金額がありますが、毎月これだけかかることは確かなので、一旦そのまま計上します。

通信費

スマホはUQモバイルを使用して、若干変動がありつつも月に2,500円くらいのことが多いです。

変動が生じるのは、電話料金が含まれていないため。

またこの他に、wi-fi用のwimaxを契約しており、月に4,000円ほど。

ただ最近住んでいる家に無料の固定インターネットが導入されたため、使用頻度が激減しました。

このパターンはラッキーだと思ってます。

実際使ってみると最高すぎて、次も無料のところがいい!って思ってしまいました。

wimaxが3年契約だったので解約費用が高いですが、数ヶ月以内には解約予定。

一時金はありつつも、年間だと5万円弱の費用削減になると考えると大きいですね。
(やはり、早く解約しよう・・・)

貯金や積み立て費

月に絶対貯蓄に回したい金額ですが、これは50,000円です。

この金額を私の場合はつみたてNISAと投資信託の積み立てに使っています。

恐らく多くの方が行っていると思いますが、

  • 33,333円をつみたてNISA
  • 16,777円を普通の積み立て投信

として毎月積み立てています。50,000円というのは楽天証券で楽天クレジットカードの決済ができる上限です。

積み立てするだけでポイントが貯まるので、この仕組みを使うためひふみ投信から楽天にNISA口座を移動しました。

経緯はこちらに書きました。

投資初心者がひふみ投信でX万円増!それでも解約したその理由は。 2017年の2月にひふみ投信のセミナーに参加したことがきっかけで、同年5月から少しずつ積み立てていたひふみ投信。 ひふみ投信、ひ...

その他の固定費

iPadを購入した分を分割して支払っていて、月に4,200円ほど支払っています。

これは今年中には終わる予定。
でも終わると共にMacを買い換えるかもですが・・・とりあえず終わるまで入れておきます。

またオンラインで英会話を始めたため、それを月に10,000円ほど見込んでおきます。

固定費の合計

ということで、ここまでの固定費を合計してみます。

  • 家賃    70,000円
  • 水道光熱費 10,800円
  • 保険料    2,000円
  • 通信費    6,500円
  • 貯蓄    50,000円
  • その他   14,200円

固定費の合計は153,500円になりました。

変動費を考える

固定費を計算したら次は変動費。
変動費は以下のようなもの。

  • 食費
  • 日用品
  • 医療費
  • 交際費
  • 衣料品

これらも私の家計に置き換えて、一つ一つ計算していきます。

食費

2020年の履歴からすると、おおよそ月40,000円くらいです。

これは私が出勤した際に、ランチがほぼほぼ外食になることからそこに一番お金がかかっているかと思います。

在宅勤務の時は自宅で食べられるので、光熱費はかかりますが食費は減らせるかもしれないですね。

時に4万円を超えることがあるので、せめても4万円を超えないように気をつけていきたいと思います!

日用品

日用品については、夏にハンズメッセでシャンプーや石鹸、化粧水などをまとめ買いして、それを年間で少しずつ使っていくということがあります。

あとはコンタクトレンズやコスメや、その他の細々としたものを月々買い足している感じ。

ただハンズメッセで買ったものは、何年もかけて消費していることもあり、ここに含めるとややこしくなる気が。

コンタクトレンズは大体3ヶ月分をまとめ買いしていますが、これを月にならすと3,000円ほど。またフェイスパックもまとめ買いして、月にならすと月1,000円ほど。

他にゴミ袋買ったり、衣替えに必要なグッズを買ったり、合計すると7,000円〜8,000円くらいかと思いますので、8,000円を計上します。

医療費

しばらくそれほど大きな病気になったり、体調を崩したりすることもないので、使うとしても月5,000円くらいかなと考えてます。

交際費

交際費なんですけどね、これ飲食関係はコロナでずっとゼロでした。

ごくたまーーーにひととご飯に行くことがあります。

また時々異動・退職・産休・誕生日などでプレゼントを渡すことがあり若干生じることもあります。

ということで一応月3,000円くらい取っておきます。

以前はたくさんの飲み会に参加して散財してきたものですが、もうそれらのことにほとんど興味がなくて、全然行かなくなりました。

衣料品

衣料品も結構変動が大きいんですよねえ。

買うときは買うし、買わない時は全く買わない。

でもインナーなど必要な時はそれだけでも結構な額になることもあるので、月5,000円は取っておきたいところ。

その他の変動費

毎月は使わないけどこの月だけは必要なもの、季節的なもの、などを考えて10,000円取りたいと思います。

変動費の合計

ということで、ここまでの変動費を計算します。

  • 食費  40,000円
  • 日用品  8,000円
  • 医療費  5,000円
  • 交際費  3,000円
  • 衣料品  5,000円
  • その他 10,000円

変動費の合計は71,000円になりました。

予備費を考える

これは決まった枠に使うものではなくて、全体として何かあった時のための費用ですね。

これを考える前に今の予算組の状況をまとめます。

  • 固定費 153,500円
  • 変動費  71,000円

この二つのカテゴリーの合計が224,500円になりました。

そして私の予算上限が230,000円ですから、この差分を予備費として考えると5,500円となります。

何か急に支払いが必要になったり、購入が必要になったものについてはここから捻出し、消費でも投資でも余れば他のものに使えますね。

予算組のまとめ

ここまでに出てきた予算を全てまとめると以下になりました。
ちゃんと把握してなかったので、意外と過去の数字を洗い出したりするのに地道な時間がかかりました。

  • 月の収入 230,000円
  • 固定費  143,500円
  • 変動費   71,000円
  • 予備費    5,500円

一番最初のスタートが、自分の収入に対して減らしたところからのスタートなので、心を落ち着けて見れる数字です。

この金額を確保できれば、私の財政面は赤字にならずに生きていけるという最低ラインがここですね。

今年はここに書いた金額を頭に入れて、しっかり予算を考えながら暮らしてみたいと思います。

そして時々、その状況が適正かどうか確認しながら過ごしてみます!

コロナで色々苦しい状況は続きそうですが、その中でもできることを一つ一つやっていきたいですね。

両学長の「お金の大学」はリベ大生必読です。



感謝

読んでいただき、ありがとうございました!

【リベ大】両学長おすすめ転職エージェントはこの3社!転職活動のススメ【JAC・マイナビ・JAIC】 YoutubeやTwitter、ブログと様々なところでお金に関する知識を発信しているリベラルアーツ大学の両学長。 両学長は高校...
【新プラ公開】両学長のリベシティに新入生として参加してみました。 Youtubeの登録者数が70万人を超えて学び系のチャンネルとして飛ぶ鳥を落とす勢いのリベラルアーツ大学(通称:リベ大・リベ)の両学長...
【リベシティ入会3ヶ月】おすすめの使い方・入会コース・退会方法などについて解説! 今年の1月に両学長のリベシティに登録して3ヶ月が経ちました。 https://uchuublog.com/libecity-to...

おすすめ転職エージェント
JACリクルートメント
両学長が年収アップを目指す転職の際に相談するエージェントとしていつもおすすめしている転職エージェント。
①東証一部上場で会社として安心感
②ミドル・ハイクラスに強い
③年収も600万円以上がメイン
④案件に詳しい担当者が求人を紹介

といった点がポイントの転職エージェントです。

詳細を見る

マイナビエージェント
両学長がJACと共にいつも若手向けおすすめのエージェントとしておすすめしている転職エージェント。マイナビはマイナビクリエイターなども展開して度々ウェビナーなども開催されているのでお世話になっています。
①特に関東圏の優良求人に強い
②20-30代の転職に強い
③人事・採用担当者との太いパイプ
④親身な転職サポート

といった点がポイントの転職エージェントです。

詳細を見る