収支報告

【2021年4月】今月の収支報告レポート

2回目の収支報告レポートですが、早速ルールを変えようと思います。
誰も気にしてないと思いますが、中田のあっちゃんばりに変えていきます。

第一回は以下の2点について報告することにしていましたが、

  • 総資産の全体がどうなっているか
  • 株式投資の結果がどうなっているか

今回収支を計算してみて、今後は株式投資の結果の部分だけにフォーカスして書いていこうと思いました。

計算上のルールについては変えずにそのままです。

  • その時点の為替ルールを適用する
  • その時点の含み損と含み益も合算する

では早速、今月の状況をまとめていきます!

株式投資の状況について

基本的につみたてNISAを含む投資信託と、米国株の個別株投資の2種類を行っています。

積み立て状況について

今月もいつも通り50,000円を楽天証券のクレジットカード決済枠で積み立てを行いました。

つみたてNISA分は今のところ全てVTIですが、そのあまりの分はいくつかに分けていて、その銘柄の入れ替えを行いました。

これまではeMAXIS Slim 新興国株式インデックスに数千円割り振っていたのですが、先日始まったばかりのまるごとひふみが気になったため、まるごとひふみ100に変更してみました。

ちなみにまるごとひふみはいくつかの種類があり、100が一番手数料が高いのですが、伸び率も期待できるのではないかなと思ってこちらにしました。

またマネックスの口座でも、少額ずつ毎日積み立てるという仕組みを使って積み立てをしていたのですが、銘柄の入れ替えをしました。

解約した銘柄はひふみプラスに数千円(登録時のキャンペーン対応用)とグローバル・フィンテック株式ファンドを保有しておりました。今月両方解約して、こちらもまるごとひふみ100を毎日つみたてしております。

どちらも試験的な感じなので、他に変えるかもしれませんが現状そんな感じです。

でも色々試してみてますが、VTIって本当に最強だなって思っているのでゆくゆく全部VTIになっているかもしれなない。。。

ということで全体としては前月比105%、損益だけで見ると前月比111%でした。

米国株式投資について

2月下旬〜3月上旬に焼き尽くされてから、少しずつ状況は改善しているものの、まだそこまでは復活していません。そもそも夜は眠くなってしまって、サマータイムになった後もなかなかじっくり数字を見ることができない状況が続いています。

そしてそもそもの全体量として少し減らしていまして、全体として前月比86%となってます。結構売ってしまいましたね。一番の後悔は$OKTAが含み損のまま売ってしまったことと、$PINSを一部利確したんですがその後もぐいぐい伸びたこと。

本当に基本に忠実にトレードした方がいいんだな〜と再認識。

代わりに寝下がったところでいくつか拾っている株がありまして、でもまだまだ時間がかかりそうなため、一旦含み損ばかりの銘柄を保有することになり、損益が前月比-75%というひどい数字になってます。

2月中旬に一旦全部売っていたらね、と思いますが、過ぎたことは忘れて次を考えていこうと思います。

2021年4月のまとめ

つくづく最近思ったのが、積み立てが最強ということと、VTI最強ということです。

私が時間を使って下手なトレードをしている間に、VTIはコツコツと成長して順調に増えています。

マネックスで持っていた銘柄を一部売った後に残った現金はいずれかのETFを買おうかなと思って考え中です。

両学長がよく話している高配当ETF(SPYD・HDV・VYM)を買うのもありかなと思い検討中。

詳しくはこちらの動画を見てください。

ということで今月の収支でした。また来月報告します。

最後までお読みいただきありがとうございました!

前回のまとめはこちら。

【2021年3月】今月の収支報告レポート 今月から収支についてまとめていくことにしまして、今回は記念すべき第一回目の記事です。 この報告のポイントは2つ 総資産の全...

おすすめ転職エージェント
JACリクルートメント
両学長が年収アップを目指す転職の際に相談するエージェントとしていつもおすすめしている転職エージェント。
①東証一部上場で会社として安心感
②ミドル・ハイクラスに強い
③年収も600万円以上がメイン
④案件に詳しい担当者が求人を紹介

といった点がポイントの転職エージェントです。

詳細を見る

マイナビエージェント
両学長がJACと共にいつも若手向けおすすめのエージェントとしておすすめしている転職エージェント。マイナビはマイナビクリエイターなども展開して度々ウェビナーなども開催されているのでお世話になっています。
①特に関東圏の優良求人に強い
②20-30代の転職に強い
③人事・採用担当者との太いパイプ
④親身な転職サポート

といった点がポイントの転職エージェントです。

詳細を見る